No title

自分がよく聞いている音楽を共有してみたくなったので紹介します。

No title

出会い

この曲をはじめて聴いたのはたしか大学1年生のころで、ボカロが好きでした。

ボカロは高校生のときにドハマリして、一時期はずっとボカロばかりを聴いていました。当時はポップなものからジャズっぽいものまで幅広いボカロ曲があって、毎日 YouTube やニコ動を訪れてはボカロ曲を探していました。

高校のときは自分の周りの友だちもボカロにはまっていて、どんなボカロ曲が好きなのかとか、ボカロP (ボカロ曲を作る人) や歌い手の話題で盛り上がっていました。

大学に入ってから高校の友だちとはほとんど会わなくなりました。そのころからだんだんとボカロからは離れていきました。

そんなときに、偶然動画を見つけて気に入ったのがこの曲です。高校のときほどボカロ好きではなくなっていたので、どういう経緯でこの曲のことを知ったのかはあまり詳しくは覚えていません。

でも、この曲を聴いてすぐに気に入ったので、やっぱり自分はボカロが好きなんだなあと再確認しました。

No title について

上の動画は、"No title" という曲で、この曲の作詞者でもあるれをるさんという人が歌っている MV です。ボカロ曲というよりは、本人が歌うために作られた曲でもある (と思っている) ので、ボカロ曲ではないかもしれません。しかし、もともとれをるさんはボカロPが作った曲を「歌ってみた」として動画を上げていたので、ボカロつながりとして認識しています。

れをるさんは、はじめ歌い手としてニコ動などで動画を上げ、有名になってからは自分で作詞した曲を歌うようになり、現在ではアルバムを発売したりしています。

この曲を聴くと、うまく表現できないですが不思議な気分になるというか、落ち着くのと同時に元気が湧いてきます。それかられをるさんの歌声が個人的に好きなので、はじめて聴いたときからすぐにこの曲が好きになりました。

思い入れ

大学に入ってからはあまりボカロ曲を聴かなくなりましたが、最近また聴くようになりました。昔この曲好きだったなあとか、最近聴いてなかったけど、今でもこの曲好きだなあとか、感慨に耽りながら聴いています。

昔と比べて今、ボカロがどれくらい人気なのかはわかりませんが、ぼくが高校生だったときくらいはボカロが好きな人は多かったんじゃないでしょうか。

ほかにもすごく好きなボカロ曲はたくさんあるので、また気が向いたときに紹介するかも、しないかも笑。

REOL Official - YouTube