友人とオンラインゲームをやる際の YouTube Live 配信設定メモ

これは何の記事

休日に友人や同僚とオンラインでゲームをする機会が今までに何度かあり、今後も継続していこうと思っている。

そして、ゲームプレイや思い出の記録として、ゲームをプレイするときは YouTube Live で毎回配信するようにしている。

ところが、毎回セットアップする際に、主に音響周りで音量の調整に手間取ったりしている。

そこで、今後はなるべく手間を取らないようにするために、うまく調整できていたときの設定状態をメモしておこうと思う。

あくまで個人用のメモなので、誰かのために書く記事ではないが、これを見た人の参考になれば幸いだ。

また、設定を更新した場合はこの記事も更新する。

使っている機材

  • MacBook Pro
  • Blackmagic eGPU Pro
    • eGPU (AMD Radeon RX Vega 56)
    • eGPU がなくても問題なさそうだが、ライブ配信時のリアルタイムエンコードは重い処理なのであったほうが良いかも
  • CAM LINK
    • キャプチャボード
    • 以前は GPU 側に接続していたが、映像が定期的に乱れる現象が発生したため、USB-C to USB-A アダプタをかませて MacBook に接続している
  • Audient EVO 4
    • オーディオインターフェース
  • SHURE SM7B
    • ダイナミックマイク

使っているアプリケーション・サービス

  • Streamlabs OBS
    • 配信ソフト
  • LadioCast
    • 仮想オーディオミキサー
  • Soundflower
    • 仮想オーディオ
    • BlackHole も試してみたが、なぜか Mac からの音声 (Google Meet の他の人の声) がノイズだらけ (飛び飛び) になってしまったので、Soundflower を以前から継続して利用している
  • Google Meet
    • 会話用

Streamlabs OBS の設定

音声ソースの設定

以下の 3 つの音声を用意する。

  • Soundflower (2ch)
    • 音量: 100 % (0.0 dB)
    • ノイズ抑制 (Noise Suppression)
      • RNNoise
    • ゲイン (Gain)
      • 7.5
    • コンプレッサー (Compressor)
      • Ratio: 10
      • Threshold: -18
      • Attack: 6
      • Release: 60
      • Output Gain: 0
      • Sidechain/Ducking Source: None
  • 自分の声 (My Voice)
    • 音量: 100 % (0.0 dB)
    • ノイズ抑制 (Noise Suppression)
      • RNNoise
    • ゲイン (Gain)
      • 10
    • コンプレッサー (Compressor)
      • Soundfolower と同じ
  • ゲーム音声 (Game Audio)
    • 音量: 70 % (-11.2 dB)
    • ゲーム音声にフィルターはかけない

パフォーマンスメトリクスの表示

Streamlabs OBS の設定は、アプリ上で YouTube アカウントと連携することによって、他のデバイスとも同期できる。なので、基本的には設定をいじらなければ問題はないはず。

ただし、左下の、CPU 使用率、FPS、コマ落ち、アップロードデータ量の表示有無は同期されないらしいので、新しいデバイスで設定をし直す場合は手動で追加すること。

特に FPS は、配信環境に問題があることを検出すると、勝手に変わったりすることがある (60 FPS → 30 FPS に勝手に変更されていたことがあった) ので、表示することをおすすめする。

配信のクオリティの設定

ここらへんの設定はアカウント連携で同期されるはずだが、以前にいじったら YouTube Live 上でエラーが出るようになってしまったので、設定が間違っていないか今一度確認すること。

  • Base (Canvas) Resolution を 1280 x 720 に設定する
    • 1920 x 1080 に設定したところ、YouTube Live でエラー (警告?) が表示されるようになる
  • Output (Scaled) Resolution を 1920 x 1080 に設定する
    • これが YouTube 上の解像度になるので、1080p になるようにしておく
  • Downscale Filter を Lanczos に設定する
  • FPS Type を Common FPS Values に設定する
  • Common FPS Values を 60 に設定する
  • Video Bitrate を 4500 以上に設定する
    • 初期だとおそらく 2500 になっているが、1080p (60 FPS) で 2,500 だと YouTube Live 上でビットレートが低いという警告が出てしまうので
    • 6000 くらいまで上げても良いが、そこは Mac の CPU 性能との相談かな

ストリームキーの設定

セキュリティ上の観点からか、さすがにここの値はアカウント連携しても同期されないので、新しいデバイスで再開するときは YouTube Live からストリームキーをコピーして貼り付ける。

Stream Type を Custom Streaming Server に設定すると警告が出るが、推奨設定のほうだと YouTube Studio のライブ画面が見れなかったり、超低遅延が設定できなかったりして不便なので、カスタムにする。

Soundflower の設定

以下の画像のように設定する。

  • Input 1: EVO 4
    • オーディオインターフェースまたはマイクなどの一般的な入力装置を指定
    • 出力先は Main のみ
    • +6 dB
    • 音量ゲージの左側の数字が、L と R ともに 1 になっていることを確認すること
  • Input 2: Soundflower (2ch)
    • 出力先は Main と Aux 1 (Aux 1 を追加する)
    • +12 dB
      • +6 dB だとなんか他の人の声が小さくて、ゲームプレイ中にゲーム音に負けてしまい聞きづらい
      • あまり大きくしすぎると音割れするので +12 dB が限界
      • 配信を開始する前に音割れしていないか確認する
    • 音量ゲージの左側の数字が、L と R ともに 1 になっていることを確認すること
  • Main Output: Soundflower (64ch)
    • ツマミも黒いゲージもマックスにしておく
  • Aux Output 1: BlueZ 5.53
    • ヘッドフォン等の一般的な出力装置を指定
    • ツマミも黒いゲージもマックスにしておく

Google Meet の設定

以下の画像の用に設定する。

  • Microphone: EVO4
  • Speaker: Soundflower (2ch)

スピーカーを Soundflower (2ch) にすることが重要! 自分が音声を聞くヘッドフォンなどを指定してしまうと、配信ソフト側に音が入らないので注意。